晃(元フィンガー5)
アメリカ占領下の沖縄という環境から、兄弟そろって幼少のころより、アメリカの音楽に影響を受けて、「オールブラザース」とういうバンドを組み、沖縄のテレビ番組のコンテストで優勝する。
その番組のスタッフに「東京へ行って音楽をやってみたら?」と勧められ、東京行きを決意。
1969年、両親を説得し、パスポートを持って家族で上京。米軍キャンプ巡りをしながら、デビューのチャンスを伺う。
一年後の1970年、「ベイビーブラザース」として、「私の恋人さん」で待望のデビューをするも全く売れず…。
1973年、レコード会社を移籍して、「フィンガー5」と名前を変え、阿久悠・都倉俊一のゴールデンコンビによる「個人授業」で再デビュー。(「フィンガー5」の名は、母・ヒサエが 「5人兄妹がいつもひとつの手のように仲良くがんばっていくように」との想いから生まれた)
ジャクソンファイブを祐彿させる、晃のボーイソプラノや、ソウルフルな音楽性が話題になり、「個人授業」は、145万枚という見事なミリオンヒットを生む!
また、晃(当時12オ)のトンボメガネを真似ようと、日本中の子供達が親にサングラスをねだっていたという。
その後、「恋のダイヤル6700」(158万枚)、「学園天国」、「恋のアメリカンフットボール」と立て続けにミリオンヒットを飛ばし、国民的アイドルとなる。
1975年、「僕のパパは空手の先生」をリリース後、晃の変声期もあり、音楽のレッスンのためアメリカへ半年間の音楽留学をする。
1976年、帰国後、「ジェットマシーン」をリリース。
1980年、芸能活動を休止。
その後、サラリーマンとして、会社に勤める傍ら、兄弟と新たなバンドを組み、ライブ等の音楽活動をしながら、CMの曲などを手掛ける。
2010年12月19日には、故郷「沖縄」をイメージした『うちなー』を発売。
フィンガー5の40周年を記念したベスト盤『Best&Nonstop Finger5』(ユニバーサルミュージック)を2012年7月25日に発売。
2013年5月4日作詞・作曲が晃のすべてオリジナルアルバム「夢の中」リリース。

現在、ライブを中心とした音楽活動を精力的に行っている傍ら、新人プロデュースをはじめテレビ、ラジオ、イベントで活躍中。
また、2018年より江木俊夫、あいざき進也、高道(狩人)とともに「T4」(旧名s4)を再結成し、T4ライブ他、全国で開催される「夢 スター歌謡祭 春組対秋組 歌合戦」などに出演中。

 

印刷用プロフィールはこちら
→印刷用プロフィールページへ

公式ブログはこちら
→晃のブログ

プロフィール
生年月日 1961.5.9
出生地 沖縄県具志堅市(現うるま市)
血液型 O型
活動情報 ■CD・レコード
1973年 「個人授業」、「恋のダイヤル6700」、「学園天国」、「恋のアメリカンフットボール」
1975年 「僕のパパは空手の先生」
1976年 「ジェットマシーン」 2010年 「うちなー」
2012年 「Best&Nonstop Finger5」』
2013年 「夢の中」
など多数

■イベント
T4ライブ
夢 スター歌謡祭 春組対秋組 歌合戦
他多数





リンク






タレントブログ





お問い合せ

各アーティストについてのお問い合せは、(株)オフィス亜都夢
TEL: 03-6804-1755
MAIL: info@officeatom.jp
までお気軽にどうぞ